腕組みが解けるまで

土屋 GET DOWN のブログです。私の日常を綴ります。あとは音楽と本のことを少々。

同じときを生きている

 グルーヴってなに? って訊かれると困る。

 ノリだよ、っていうのはやっぱり足らない。そもそも伝わらない。

 言葉にできない、というよりも、言葉にならないものだ。

 とはいえ何とか言葉にできないものかと思った今日なので、考えたことを書いてみる。

 

 同じときを感じて、前に進む感覚。

 しめし合わせたわけでもないのに、仲間内のおのおのが、同時期に、何か大きな動力に突き動かされ、前進する。

 この時、えも言われぬ心地よさを感じる。

 そんな経験はないだろうか。

 たぶん、これが私の思うグルーヴ。

 音楽はあの快感を、ぎゅっと凝縮できるのだと思う。

 

 分からないって思われるかもしれないけど、もしいま伝えた感覚を覚えることがあったら思い出して欲しい。

 それがグルーヴだと。

 

 前進する。ここがミソだ。

 グルーヴは後退することがない。

 

 明日は何を書こう。