腕組みが解けるまで

土屋 GET DOWN のブログです。私の日常を綴ります。あとは音楽と本のことを少々。

彼女の日

 今日はパンが二割引きだ。

 贔屓にしているパン屋が、全品二割引なのだ。

 私は太ももをペチンと一発、自転車を急がせる。

 海辺の我が家で潮風にさらされ続けている愛機は、相変わらずのキシみ具合だ。

 踏み込めば蛾の鱗粉よろしく、サビがパッと舞って、サラサラと尾を引く。

 だが、私は立ちこぎも辞さない覚悟だ。

 台風が近づいているせいか風が強いが、なんの、この勢いは止められない。

 それほどに、今日はパンの日なのだ。

 それに、彼女にもまた会える。


 商店街へドリフト気味に滑りこみ、その勢いのままヤッと飛び降る。

 驚きのあまり買い物袋を胸に抱えて後ずさりする奥様がたを横目に、稀代の名馬の手綱を引くような足取りで優雅に押しチャリを励行、目的のパン屋を見据える。

 
「本日二割引き」の張り紙が縦横無尽に貼られ、ショーウィンドウからパンを伺い見ることはできない。もはやパン屋を逸脱し、二割引を主張する政治結社に見える。

 きっとマニフェストは〝毎日がパン・ド・ミ ~お財布に優しくて~〟だろう。

 私は軒先に自転車を駐めながら、そのような政治的運動になら身を投じても構わないと、胸を張りつつ店内へと向かう。

 

 自動ドアが開いたと同時に、焼きたてのパンの香りが私を強くハグした。

 数年来会ってないような歓迎ぶりだ。

 感激に私も思わず抱き返す。ははっ、どうした? 一週間前にも会っただろう?

 隣にいたおばさんの憐れんだ目は生涯忘れない。

 あれ? 以前にも似たようなことがあったような。

 まあいい。思い出せないのなら些末なことだ。

 

 私はなかなかハグを外してくれない〝香〟に少しだけ苦笑いをしながら、そのままトレイとトングを手にした。

 パン屋において私は最強の矛と楯を手にした。

 その時、香がハグをやめない理由を察した。

 香は我が身を呈して私を護ろうとしているのだ。

 私は気を引き締め、店内を見渡した。

 二割引をいいことにパンの争奪戦が繰り広げられている。

 はばかりもせずトレイにパンを山盛りに積んだ海千山千風情の猛者が、我が物顔で跋扈していた。

 OK、香。心配するな。

 私が欲しているのはカツサンドとクリームパンだ。

 ヤツらと、ことを構える気はない。

 私はコキリと軽く肩を慣らした。サッと前かがみになり駆け出した。

 あいつらはパンの積みすぎで動きが重い。私は突き出されるトングをくるりくるりとかわした。

 すばやくクリームパンをつかみトレイに積む。黄金色に照り輝くトレイを見やり、勢い余った身体をくるり反転、再び前かがみになりズサァッと足で勢いを止める。

 次はカツサンド。だが、抜かったな、どうやら残り一つのようだ。

 照準を定める。

 トレイを前に、トングをぐっと後ろに引く。両股を前後に開き、構えた。

 いただくっ!

 勢いよくトングを突き出した。

 だが――私のトングは鈍い音と共に空中へと舞った。

 背後から耳を突くアルミの音が上がった。

 ハッと振り返ると、無残にもトングが床に転がっていた。

 あられもないVの字に広がった姿に

「信じてるぜ、ヴィクトリー……」

 のメッセージを受け取る。

 私は涙をこらえ再び向き直った。

 猛者の内の一人がトングで遮ったのは明白だ。

 私の行く手を阻んだ猛者を見据えた。

 トングを失った私は丸腰も同然だ。

 だが、素手がある。諦めてなるものか。

 私は再びカツサンドに向かって、飛び出した。玉砕覚悟だ。

 その時、自動ドアが開いた。同時に突風が店内を駆け巡った。

 まさか…いや、今がチャンスだ!

 突風に驚いたのか、カツサンドを手中に収めようとしていた猛者のトングが止まっていた。

 私はその隙をみて、カツサンドを手に取り、トレイに載せた。

 その足でレジの前に立った。

 店内は一時騒然となったが、ドアが閉まると、もとの香りに包まれた。再びパンの奪い合いが始まった。

 私は会計を済ませると、ヴィクトリートングを拾い、目礼して主人に渡した。

 店を後にした。

 私にはわかっていた。

 突風のあと、再びもとの香りに包まれたとき、すでに私の〝〟は消え去っていたことを。

 

 家に着き、カツサンドを頬張る。

 ふと、カレンダーが目に留まった。

 7月7日。今日は七夕だ。

 だが、もう一つ。

 今日は、香りの日であった。

 

カレーで巡る幸福の世界のスパイスな話

 長引くと思っていた所用が思いのほか早く終わった夕暮れどき、私は国体道路をテクテク歩いていた。

 せっかく時間が空いたのだ、散歩でもという気になった。

 

 ふとオープンテラスのバーが目に留まる。いつの間にオープンしたのだろう。

 天神は店舗の入れ替わりが激しい。雨後の筍のようにニョキニョキ生えては、新芽狩りに遭ったように、そこに在った形跡だけを残して、正体を消してゆく。

 二、三ヶ月ほど街中を歩かないと、手品でも見ているような驚きを覚える。

 それはそれとして、そのバーの前にさしかかり、はばかりもせずどれどれと内装を覗いていると、店内に南国風の見覚えのある顔が目に留まった。

 ペペであった。

 ときおり遊んでくれるギタリストだ。

 相変わらず気さくに「よう」と手を挙げてきたので、こちらも釣られて笑顔で「よう」と応え、さしたる用事もなかったので、そのまま通り過ぎた。

 今夜はライブなのだろう。ペペの周りには多国籍(主観である)な顔ぶれがあった。

 きっと様々な国を縦横無尽に駆け巡る気分にさせてくれる夜会が行われるに違いない。

 そんなことを夢想していると、ふと何かが頭の中をよぎった。

 だがすぐさま、すーっと脳天に抜け、そのまま空に散開した。

 なにか大切な、というほど大切ではないような、いやいや一瞬思い出すくらいだから何か必要性のあることでは、とはいえ忘れてしまう程度だからさしたることではないのか、などと思いつつ、突然、ふわっとしたカレーの香りに取り巻かれ、私はそのまま幸せに包まれた。

 

 国民的中華料理がラーメンとするならば、 国民的インド料理はカレーだろう。

 となれば国民的フランス料理は肉じゃがだろうか。

 いや、肉じゃがをフランス料理と呼ぶには無理がある。

 ビーフシチューと材料は一緒であっても、味付けも調理の仕方も違う。

 ともなれば、ラーメンもカレーも日本料理ではないだろうか。

 味付けも調理法もすでに本国を脱し、帰化していると言っても過言ではないだろう。

 そういえばラーメンには南京そばや中華そば、支那そばなどの和名がある。

 カレーには確固たる和名はないが、私たちの知るあの幸せの黄色い餡かけは、カレーライスが正式名称だ。

 そもそもインドにはカレーライスという食べ物はなかったように記憶している。

 イギリスの占領下にあったインドでカレーらしき料理に、ったーんと舌鼓を打ったイギリス人が、自国に持ち帰ってアレンジを加えたものがカレーライスとなった

 その後、イギリスから日本に入ってきたものだったはずだ。

 ん?

 となると、カレーは国民的イギリス料理にならないか?

 

 と、私はイギリスに想いを馳せている最中にカレーを平らげた。

 くっとお冷でのどを潤すと、カレーのアイデンティティは些末なこととなった。

 つまりどうでもよくなった。

 ここではないどこかの世界の少女は「カレーは幸せの味がする」と言っていた。

 カレーはそれでいいのだ。

 私は幸せに包まれた世界旅行を終えた。

 

 カレー屋を後にし、すっかり世界を見知った気分になった私は、浮足立った足の赴くままに歩き出す。

 

 古本屋に立ち寄り以前から気になっていた雑誌を大人買いし、古着屋で300円以下のTシャツはないかと一着々々を大枚を数えるようにチェックしながら先の古本屋での大人気なさを叱咤し、道端で古新聞紙に包まれたおっさんと談笑して、すっかり使い古された雑巾のようにくたくたになったところで、帰途についた。

 

 満足のいく散歩であったと、道中、桃太郎のお供のようにして増えていった物品の数々を眺めながら、携帯電話に手を伸ばした。

 最近は持ち歩かないことが増えた。

 自分だけ世界の加速装置を外した気分になれる。

 ちなみにこれを続けていると、過去からやってきたタイムトラベラーになれる。

 人と話していて会話がかみ合わない時は、そう思うようにしている。

 話が脱線した。

 とりあえず、帰った時には着信の確認だけはしている。

 特に着信はなかった。

 メールも届いてなかったが、ふと何かが頭に引っかかり、メールフォルダを開いた。

 不意に脳天から両耳と鼻に突き抜けるような衝撃を覚えた。

 そういえばちょうど一週間前、ペペからメールをもらっていた。

「来週、面白いライブがあるよ! 時間が空いていれば、ぜひ!」

 そんな文面が残っていた。

 

 ああ、こういうことだったのか。

 あの時の「よう」は…、そうか

 

 もやっとしたバツの悪さに、携帯電話をパタンと閉じて、そっと文机においた。

 ごろんと横になり、大の字なった私は、

「今度カレーでも奢ろう」

 と思いつつ、天井の木目で目が回って、眠ってしまわないかなと、努めて今日を終わらせようとした。

アンサーソング

 歌を歌える才能は、とても特別だと思う。
 始めて詩を旋律にのせた人間は、人類史上最も美しい。
 
 古代、言語は音楽だった、なんて話もある。
 音楽が先で言葉があとなら、歌は必然であったわけだ。
 遺伝子レベルで私たちに内在している。
 
 現代は、歌にその場しのぎを与え続けているけれど、私に響いた歌は時空を超えた場所に存在し、今を選んで私の前に現れたのだと思っている。
 
 歌とは巡り続ける。どのような形の愛でも無形の器を以て受け入れられる。
 
 私は歌うことができないけれど、私という一個を構成している歌に対して、想いを詩として顕示する。
 

  あなたが誰かのために歌った歌を、

  誰かがあなたのために歌う。

  あなたがあなたのために歌った歌を、

  誰かあなたのために歌う。

  あなたが歌う歌は、

  おそらく、

  誰かのためにある。

  けれども、

  あなたの歌は、誰かの歌唱をもって、

  やがてあなたに響く。

  そのとき、

  あなたの音楽は愛になり、

  あなたの愛は音楽になる。

  関係がとても尊く、美しい。

  相互が昇華された魂となる。

 

 私は歌えない。

 Beatと文章を紡ぐものだ。

 それしかできない。

 だから、この詩を詠んだ。

  

 私の愛するシンガーたちに、この詩を贈る。

明後日の咆哮

 いつぞやぶりに書く。

 ブログの開始からまる一ヶ月ほど滞りなく書いておきながら、その後を放置してしまうのなら、三日に一回の更新を心がけたほうが良いのかもしれない。

 我が身の裡でふくふくと育った三日坊主に説教を垂れたい。

 それにしても書き続けていた一ヶ月間より現在の訪問者数が三倍近い数値なのは、しかるに Hatena の運営の計らいだろうか。

 ……不敬だ。

 無粋な勘繰りにもほどがある。

 考えを改め、いや戒め、もう一度思索を試みる。

 思うに、星々の数多のマタタキと変わらぬほどの人々のマバタキの刹那、眼に映った風景に、私の与り知らぬ何かしらの力が働き、しかるべき機関のしかるべき手続きを踏んで、このブログにたどり着いたのだろう。

 ふん、そう考えると合点がいく。

 ともなればその礼には全霊をもって応えねばならん。

 ようこそ我がブログ〝腕組みが解けるまで〟へ。

 

 さて、せっかく場を設けたわけだ。ここはひとつヒトの人生を左右する気の利いた格言でもひねり出したいところだが、悔しいかな、無い袖は振れず、逆立ちしてみても我が眼鏡がずるりとすべり落ちる無様を見せるだけだ。

 いやまてよ。

 それはそれで意外に面白い。

 ともなれば、いまだ風化の兆しを見せないトレンド「やってみた」でもやってみればブログとしても格好がつくのではないだろうか。

 

「土屋 GET DOWN、逆立ちをやってみた」

 

 とりあえず活字だけでやってみた。行動はしていない。

 それにしても、こう活字にすると、いまふたつほども味気ない。

 土屋 GET DOWN という名前のインパクトが露呈されただけだ。

 

「逆立ちをやってみた(土屋 GET DOWN)」 

 

 奥ゆかしさを演出してみた。

 が、単に恥ずかしくておどおどと隠れているように見える。

 そもそも解散したバンドみたいではないか。

 分別もなく、クラブっぽくa.k.aを付けたくなる。

 そういえば最近はa.k.aを見なくなった。廃れたのだろうか。

 したり顔で「アーカ」と読んでいたころの私の口をミッフィーのように縫合したい。

 とにもかくにも三歩後ろを行くイメージが必要であると考える。

 

「逆立ちをやってみた…土屋 GET DOWN

 

 惜しい。こうなると名前のインパクトが邪魔をする。

 だが我が名を以て「やってみた」なのだから、無くしてしまうのは本末転倒な気がするわけだ。

 

「何もいえなくて…土屋 GET DOWN

 

  90`s J-ROCKの夏である。

 なにもかもができすぎていたあの頃の夏にノスタルジィ。

 奥ゆかしさは確かに感じられる。

 

「逆立ちをやってみた…夏」

 

 !

 我を見失った! もはや天啓か!!

 だが……清涼感があり、どことなくノスタルジックで、青々とした若い挫折の機微が感じられる。

 そもそも「やってみた」なのだから「できた」わけではない。いわばチャレンジの宣言であり、

「私はこれこれこうこうやってみたのですが、出来はいかかがでしょうか」

 と、こう世間にお伺いを立てているわけだ。

 なるほど、そう考えると、「やってみた」には物語が感じられる。

 

 チャレンジは良いぞ。

 熱を帯びた体躯がふわりと風に押され、気がつけば駆け出しているあの衝動。

 血沸き肉躍る、代謝という代謝が巡り巡って、いろんな穴からいろんな液が飛び出る、かの衝撃。

 ああ、人を奮い立たせてやまない根源、輝かしき〝チャレンジ精神〟が、我が四肢に、我が五臓六腑にしみわたる。

 五臓六腑くるのは年のせいか。

 些事だ。忘れよう。

 いまは全身にあふれるパワーに感じ入ろうではないか。

 さあ、最後の宣言だ!

 

「夏! チャレンジ!」

 

 どこかの塾の夏期講習か。

 

 おあとがよろしいようで。

タルパ/フアン・ルルフォ

f:id:geddan:20131123195133j:plain

失った、と気づいてしまった時、

人は身の裡に空いた風穴を知る。

いかに醜く、汚かろうと、

失ったと感じれば、

対象は尊いものへと美化される。

亡失の風穴を自身の杭で空けておきながら、

まるで空虚を埋めるかのように、愛しむ。

人は、そうして、悔いを知る。

 

Late Night Tales - # 12

 

 

※Late Night Talesについてはこちらから

雪の断章/佐々木丸美

f:id:geddan:20131120195542p:plain

雪を纏う少女は、

強者からの排他と虚栄に、

世界の縮図を見る。

雪は当てもなく高く舞う。

根付くように深く積もる。

音もなく、とけゆく。

自身が纏った雪もまた、

世界の縮図と知る。

雪には人の法は及ばない。

雪が見せたもう一つの世界は、

憎悪も美しい白銀の愛であった。

 

Late Night Tales - # 11

 

 

※Late Night Talesについてはこちらから

ブラック・ジャック・キッド/久保寺建彦

f:id:geddan:20131119211102p:plain

憧れのヒーローにはなれない。

その気付きに、何を得、失うかで、

人生は大きく左右される。

ブラック・ジャック・キッド、

キミは縋る憧れを失ったが、

かけがえのない魂を得た。

自分以外の何者にもなれない、

その気付きは魂の昇華だと、私は思う。

 

Late Night Tales - # 10

 

 

※Late Night Talesについてはこちらから